住宅、教会の設計、耐震診断、リフォーム、無料建築相談を行っている建築設計事務所。東京都西東京市住吉町6-7-19
住宅設計と教会のジョイ建築設計事務所[東京都]ホーム>セルローズファイバー
セルローズファイバー?

「夏涼しくて冬暖かい!」なんてあたりまえ。
                    ・・・その驚くべき性能とは?

みなさんは、高性能エコ断熱材『セルローズファイバー』をご存知ですか?
アメリカでは、断熱材のシェアNo1です。

それは、私たちが毎日手にしている「新聞紙」と、「ホウ素」という自然素材によって作られた
高性能、高機能な断熱材であり、長寿命で高性能な『長期優良住宅』への近道なのです。

問題だらけの外張り断熱工法なんて、必要ありません。




セルローズファイバーZ工法の場合)の驚くべき性能】

『新聞紙』でできている=環境にやさしい(エコロジカル)リサイクル品である

原料は売れ残った新聞紙で、製造エネルギーがほんとんどかかっていない、環境にやさしいリサイクル品です。
セルローズファイバー(14Kwh/m3)は、グラスウールやロックウールの1/5以下の製造エネルギーでできています。
切実な問題である地球温暖化や、石油の枯渇が間近に迫っている現在、私たちは少しでも製造エネルギーの
小さい製品を選択すべきです。


断熱性能が高い=低ランニングコスト(Co2削減効果大)

グラスウール24k/m3とほぼ同じの性能があります。
グラスウールを施工するには、筋交などが邪魔になり厚みを確保できなかったり、隙間ができたり、湿気で沈んでしまったりしますが、
Z工法は機械で密に吹き込むので隙間ができず、断熱性能が維持されます。
一般的な断熱性能の住宅に比べて、冷暖房費を1/3以下に抑えることができます。


遮音(防音)性能が高い=静かな住環境で精神衛生にも良い

グラスウール24k/m3の約3倍の遮音性能があり、内外壁の防音効果が抜群なのも、セルローズファイバーの大きな特徴です。
ピアノ室や音楽室など、防音室にも最適です。
軽量のグラスウールや、一般的な外張り断熱工法に使うポリスチレンフォームなどは、遮音性能はあまりありません。


調湿・結露防止効果が高い=長寿命・健康な住宅で、お肌(美容)にも良い

セルローズファイバーは吸湿・方湿性能が高く、高湿度時には吸湿効果、乾燥時には方湿効果と、室内の湿度を 自然に調湿してくれます。
さらに、壁中に密に充填施工するので、内部結露が発生しません!

現在の日本の住宅寿命は約26年となっていますが、その原因の一つとして、構造体が壁内結露により腐ってしまうことがあります。
セルローズファイバーを壁内に充填することにより、最低でも100年(アメリカの住宅寿命)住める家*が可能となります。

*100年住める家とは、その間何もメンテナンスをしないでも大丈夫という意味ではなく、建物の各部分(屋根、外壁、基礎、窓など)や
  設備(キッチン、浴槽、エアコンなど)を適切にリフォームいていくことが前提です。


 
ガスバーナーであぶっても表面が焦げるだけ   ピアノレッスン室に採用(グランドピアノでも問題なし)


耐火性能が高い=万一の火事の時火の廻りが遅く、有毒ガスも発生しない

セルローズファイバーはホウ酸の力により、ガスバーナーであぶっても、表面が少し炭化するだけで燃えません。
準不燃材料認定がとれていて、ウレタン系断熱材のように有毒ガスを発生することもありません。
万一の火災のときは、壁内が圧密状態なので火の廻りが遅く、外張り断熱工法などと比較して安全性が高いともいえます。


防虫効果が高い=シロアリやゴキブリを寄せ付けないので長寿命で衛生的

ホウ酸の力により防虫効果が高く、Z工法で施工した住宅では、ゴキブリ、シロアリ、ねずみは発生しません。
(外部から進入したものを、一時的に発見したという報告例はあります)
防虫効果が高いことにより構造材がシロアリ等から守られて、建物は高寿命となります。


防錆効果が高い=金物が錆びないので長寿命になる

現在の木造住宅には、耐震性を高めるために様々な金物が使われていますが、セルローズファイバーに接している
金物は、通常の100倍以上の防錆効果があると言われています。 これもホウ酸の力によるものです。
防錆効果が高いことにより、建物は高寿命となります。


安全性が高い

セルローズファイバーは木質繊維でできており、添加されているホウ素系の薬品は、目薬など身近な薬品にも
使用されており、人体に蓄積されたり、残留したりすることはありません。安心してお使いいただけます。
アメリカでは60年の実績があり、製造メーカー吉水商事株式会社のホームページからも安全性が確認できます。


セルローズファイバー設計および施工の注意点
■セルローズファイバーの特性を理解して設計及び施工をしなければ、その性能を発揮できません。

■セルローズファイバー施工後の配管、配線、コンセント、スイッチ等の追加、移設に多少手間がかかりますので、
  計画変更がないように設計することが重要です。

■リフォーム工事の場合、床下の施工のために作業スペースが必要ですので、有効高さは40cmほど必要です。





安全基準の厳しいアメリカでは、
セルローズファイバーは60年の実績!
シェアもNO1です。

日本セルローズファイバー工業会URLより抜粋)


無垢材・無暖房の家わが国のハウスメーカーも建築家も、「断熱」に対して結構無頓着です。

『無垢材・無暖房の家(この本を読んでから建てよう)』ダイジェスト版(山本順三著)は、
セルローズファイバーによる断熱、防音、結露防止効果や、
「グラスウール」「外張り断熱工法」の問題点などを、明快に解説しています。

ジョイ設計では、この本(630円)を無料でプレゼント中です。
ご希望の方は、お問い合わせフォームからお申し込み下さい。
(このサービスは、東京、埼玉、千葉、神奈川の方限定とさせていただきます。)